Support

積極的に雇用

障害者求人応募の注意点

障害を持っているから就職には不利になる、そういったことはまったくありません。障害者を積極的に雇用している企業も世の中には多くあるのです。あきらめずに前向きな気持ちでいえれば、いい企業と必ず出会うことができるはずです。 求人は、ハローワークの障害者求人検索やインターネットの障害者求人サイトで見ることができます。 応募するためには、障害者手帳など障害を証明するものがなければ難しいことが多いので、これらをきちんと取得しておくことがまずは先です。 応募のときは、障害者であっても、必ずルールやマナーは守るべきです。ルーズな人間を甘く見る企業はまずないでしょう。面接時間に遅れる、履歴書が雑である、就職には不利なこのようなことは避けましょう。

サポートを積極的に受けてみよう

障害者の場合、周りに同じような立場の人がなかなかいないため、孤立しがちです。ハローワークでは、障害者専用の相談窓口があります。無料で就職相談に乗ってくれるので、積極的に利用しましょう。また、障害者のための合同説明会なども開催されています。一般の人が参加するような合同就職説明会となんら変わりはありません。 インターネットでも障害者のための求人サイトが多くあります。インターネットでも、応募や就職活動に関する不安などをサポートしてくれるシステムが整っているところもあります。 インターネットで検索した求人に応募して採用された場合、祝い金がもらえるようなところもあります。就職のはげみになるでしょう。 前向な気持ちで取り組みましょう。